マンガ

アルミン・アルレルトとは?性格や信念|家族の失い方について

マンガ

 

進撃の巨人の登場キャラクター「アルミン・アルレルト」についてまとめています。性格や信念、これまでの活躍。家族の失い方やベルトルトとの関係などについても掲載しています。

注意

この記事は最新話のネタバレを含んでいる可能性があります。アニメ派の方や、原作をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

アルミン・アルレルトとは?

外の世界を夢見るエレンの親友

出典:進撃の巨人

アルミンはエレンの親友で、外の世界を見るために戦う兵士です。エレンやミカサとは幼い頃からの友達で調査兵団入団後も行動を共にしています。

身長163cm
体重55kg
誕生日11月3日
出身地シガンシナ区
所属第104期訓練兵団→調査兵団
訓練成績11番以降

調査兵団の頭脳

身体能力は高くありませんが、頭脳明晰で座学の訓練成績はトップ。仲間からも作戦立案において大きな信頼を得ています。

調査兵団に入団してからも優れた観察眼や閃きで勝利を呼び込む作戦を立案。エルヴィンの死亡後はハンジと共に調査兵団の頭脳として活躍しています。

超大型巨人の継承者

アルミンはシガンシナ区奪還作戦後にベルトルトから「超大型巨人」を継承しています。

 

アルミンの性格・信念

強い好奇心と探究心を持っている

アルミンは強い好奇心と探究心を持っています。幼い頃から外の世界に興味があり、自分の目で外の世界を見るために調査兵団に入団しました。

自分が正しいと思ったことは曲げない

幼い頃にいじめられ、暴力を受けながらも「言い返せないから暴力を振るう」と言って自分の正しさを主張するなど、自分が正しいと思ったことを決して曲げません。

自分に自信がない

アルミンは自分に自信がなく、エレンやミカサに対して劣等感を抱いています。2人の足手まといになっているのではないかと考えることもありましたが、エレン達はそうは思っていませんでした。

また、エルヴィンではなく自分が生かされたことに疑問を感じ、「生き返るべきは団長だった」と発言するシーンもあります。

 

アルミンが宿す巨人

アルミンが宿した巨人と前の継承者

巨人の名前前の継承者
超大型巨人ベルトルト・フーバー

超大型巨人

出典:進撃の巨人

その名の通り50mを越す大型の巨人です。

シガンシナ区奪還作戦でベルトルトを捕獲。瀕死だったアルミンとエルヴィンのどちらに継承させるか悩んだ末にリヴァイの判断でアルミンが継承しました。

 

アルミンの家族

両親

アルミンの両親は気球で壁外へ出ようとしたため、サネス達に殺されています。

祖父

アルミンの祖父はウォールマリアを奪還するという名目の口減らしに参加して死亡しています。

 

アルミンと関わりの深い人物

エレン・イェーガー

出典:進撃の巨人

アルミンとは幼い頃からの友達で、互いを信用しています。

幼い頃に外の世界を探検すると約束しましたが、海についても貝殻に見向きもせず海の向こうの敵のことを考えているエレン。二人の気持ちに距離が生まれ、幼少期の気持ちには戻れなくなっていきます。

ベルトルト・フーバー

出典:進撃の巨人

104期訓練兵団の同期で超大型巨人を継承したマーレの戦士です。

アルミンはベルトルトから超大型巨人を継承したため、その後の思考にベルトルトの思考が強く影響しているようにも思えます。

 

アルミンのこれまで

幼少時代

シガンシナ区で祖父と一緒に暮らしていたアルミン。いじめられっ子でしたが、暴力を受けても「言い返せないから暴力を振るう」と言って自分の正しさを主張していました。

その様子を見たエレンはアルミンの言葉を信じるようになり、ミカサを交えて3人で一緒に遊ぶ機会が多くなります。アルミンは外の世界のことをエレンに教え、いつか外の世界を探検しようと約束しました。

845年。巨人が襲来するとアルミンはエレン達のことをハンネスに知らせ、自分も逃げるのでした。

訓練兵団時代

12歳で第104期訓練兵団に志願。

上位10番内に入る事はできませんでしたが、座学成績トップで卒団しています。

初陣で班員が全滅しますが、エレンが生きていたことなどで自信を取り戻し、トロスト区奪還作戦では作戦立案やエレンを目覚めさせるなど重要な役割を担っています。

第57回壁外調査

調査兵団に入団したアルミンは第57回壁外調査に参加します。

アルミンは女型の巨人と遭遇。ライナー、ジャンと共闘して時間を稼ぐことに成功します。

また、壁外調査に真の目的があることや女型の巨人が知性を持っていることにいち早く気づくなど、自慢の思考力を存分に発揮しています。

ストヘス区攻防戦

アニが女型の巨人だと睨んだ調査兵団はストヘス区でアニの捕獲作戦を決行。

誘導役を務めたアルミンの活躍もあり、調査兵団は結晶化したアニを捕らえます。

ウトガルド城

アニの仲間の疑いをかけられ、丸腰で隔離されていた104期生達のもとに獣の巨人が襲来。別行動だったアルミンはハンジらと共に現場に急行し、群がる巨人を殲滅します。

VS鎧の巨人・超大型巨人

ライナーとベルトルトが自分達の正体を明かし、エレンを連れ去ってしまいます。

追いついた調査兵団(憲兵団も含む)と巨人の戦闘が開始。アルミンはアニの話題を出してベルトルトを動揺させ、エレンを奪還する隙を作ります。

巨人の数が多すぎて壊滅寸前になる調査兵団したが、エレンがダイナ・フリッツ巨人と接触することで始祖の巨人の力を発動。「座標」で巨人を操り窮地を逃れます。

王政打倒

エレンが始祖の巨人を宿していることを知った王政は王家の血を引くヒストリアとエレンを狙います。

アルミンは新リヴァイ班のメンバーとしてエレンとヒストリアを守ることに尽力。ロッド・レイスと中央憲兵に苦戦しますが、エレン達を守りきります。

王政は全兵団のトップが協力して革命を起こし、打破することに成功しています。

シガンシナ区奪還作戦

調査兵団は領土を取り戻し、グリシャが残した地下室に行くためシガンシナ区奪還作戦を決行。待ち受けていたマーレの巨人たちとの戦闘になります。

アルミンはベルトルトに話し合いでの和解を求めるも決裂。エレンと共に超大型巨人に臨みます。

自分を犠牲にして作戦を成功させたアルミンは注射で無垢の巨人になり、ベルトルトから超大型巨人を継承。生き返ることはできましたが、エルヴィンではなく自分が選ばれたことを疑問に思います。

レベリオ区強襲

シガンシナ区奪還作戦から4年。ジークと手を組んだエレンは調査兵団の命令を無視してマーレに侵入します。

始祖の巨人を失うわけにはいかない調査兵団はエレンに加勢。アルミンは超大型巨人の力を使ってマーレの軍港を壊滅させています。

この強襲で調査兵団は戦鎚の巨人の継承とジークの回収に成功しますが、全世界の敵対心を増幅させることとなります。

イェーガー派

調査兵団は命令を無視して単独行動に出たエレンを地下牢に幽閉します。

しかし、エレンは戦鎚の巨人の力を使って地下牢から脱出。フロックをはじめとするイェーガー派も反乱を起こし、パラディ島内を制圧します。

アルミンとミカサはエレンを説得しようと試みますが失敗。調査兵団員は捕らえられてしまいます。

地ならし発動

ジークとエレンが行動を開始。攻めてきたマーレ軍をしのぎ接触を果たします。

地ならしを発動したエレンはパラディ島内のエルディア人を守るために外の人間全員を駆逐すると宣言。

アルミン達はエレンを止めるためマーレ軍と手を組み、イェーガー派を倒してエレンのもとに向かいます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました