アニメ

「新世紀エヴァンゲリオン」渚カヲルの正体と使命について解説

アニメ

出典:©️カラー/Project Eva

エヴァシリーズの中でも屈指の人気を誇るキャラクター「渚カヲル」

なぜ使徒にも関わらず人間のような見た目をしているのか?

エヴァを一度観ただけではよく分からないキャラクターでもあります。

今回はこの謎に満ちた人気キャラクターについて

  • 渚カヲルの正体
  • 渚カヲルの使命

上記の2点を解説していきたいと思います。

渚カヲルの正体

出典:©️カラー/Project Eva

渚カヲルの正体はセカンドインパクトの最中にアダムが産んだ最後の使徒(第17使徒タブリス)で、ゼーレによってアダムの魂を入れられました

渚カヲル誕生までの流れ

  1. 葛城博士が行った実験(人のDNAをアダムのDNAにダイブさせる実験)によってセカンドインパクトが起きる。
  2. アダムがセカンドインパクトの最中に魂のないタブリスを生む。
  3. セカンドインパクトによってアダムの肉体と魂がバラバラになる。
  4. ゼーレがアダムの魂をサルベージする。
  5. ゼーレがタブリスの中にアダムの魂を入れる。
  6. 渚カヲル誕生。

人のDNAをダイブさせたアダムが生んだ為カヲルの肉体は「使徒」と「人類」両方の性質をもちます。

よって人のような外見ながら強力なA.T.フィールドを展開することが可能となっています。

渚カヲルの使命

人類補完計画のナビゲーターが必要だった為ゼーレが作った存在。それが渚カヲルです。

人類補完計画で人類をナビゲートすることが渚カヲルの使命でした。

人類補完計画についてはこちら

実際の使命

人類補完計画のナビゲーターとしての使命があったカヲルでしたが、ゲンドウがゼーレを裏切った事によって事態は急変します。

第15使徒アラエルとの戦闘において、ゲンドウが独断でロンギヌスの槍を使用。ロンギヌスの槍は回収不可能となります。

これによって人類補完計画のプラン変更を余儀なくされたゼーレは第17使徒の襲来を待たず、渚カヲルを第17使徒タブリスとしてNERV本部に送り込みます。

ターミナルドグマにいるのはアダムだとゼーレに聞かされていたカヲルはゼーレから受けた自分の使命を第17使徒として活動し、アダムに還る事だと思っていました。

しかし、ターミナルドグマにいたのはリリスでした。

これを知ったカヲルはゼーレから受けた本当の使命が第17使徒として活動し、初号機に殺される事だと気付きました。

最終的には自らの死を望み、シンジに自分を殺させています。

ゼーレはなぜカヲルが第17使徒として活動し、初号機に殺される事を望んだのかはこちらの記事の最後のシ者編で解説しています。

 

タイトルとURLをコピーしました