【書評】夢をかなえるゾウ

かなり前に読んでからずっと本棚に眠っていた「夢をかなえるゾウ」を久しぶりに読んだので読んだ勢いそのままに書評を書いていこうと思います。

「夢をかなえるゾウ」はなぜか関西弁のズボラな神様ガネーシャが成功したいと思っているけどなかなか自分を変えられない主人公に課題を与えていく話です。

自己啓発本ですがシンプルにお話として面白いです。

ガネーシャと主人公のやりとりが笑えて最後には感動もあります。

 

内容

ざっくり言うと

夢をかなえるために必要な事は意外と簡単な事でそれを実行し続けるのが大事

ということでした。

僕を含め成功を収めたいと思っている人たちのほとんどが「何か秘訣のようなものがあるはずだ」と心のどこかで思っています。

しかし、この本が言うに秘訣なんてものは無い。

本当に必要なのはガネーシャの教えではなく、あなた自身の行動であることをガネーシャは知っています。

どの成功書にも書いてあるようなことが正解でありそれを実行し、失敗しても原因を自分で考えてまた改善策を実行してみることこそが大切だとガネーシャは言っています。

「行動することが大切」というのはよく聞く話ですが故に正しいのだと思います。

ブログを始めてから行動を続けることの難しさも痛感してきましたし(絶賛痛感中)Youtubeやスマホゲームなど娯楽の多すぎる時代だからこそ他のことに流されてしまうのも分かりますからね。

人が変わるために必要なこと

ガネーシャ曰く人が変わるために必要なことは

「意識」では無く「環境」を変えること

だそうです。

「明日から〇〇をするぞ!」と意気込む人は多いですが大抵の人は三日坊主で終わります。

「みんな今日から頑張って変わろう思うねん。でも、どれだけ意識を変えようと思ても、変えられへんねん。人間の意思なんてめっちゃ弱いねん」

だから「意識」では無くて「環境」を変えようよっていう話です。

ブログを書く時間を確保するためにゲームアプリを消すなど、決めたことを続けるための環境を作るということですね。

やりたいことの見つけ方

自分のやりたいことが何なのかわからない人は多いです。

僕も「自分のやりたいことってなんだろう?」と考える時があります。

しかし、やりたいことを見つける時に「考える」というのはガネーシャに言わせれば最悪の方法。悪手中の悪手なのです。

ガネーシャはやりたいことを見つけるには「体感」するしかないと言っています。

「実際にやってみて、全身で感じる。それ以外のやり方で『やりたいこと』なんて見つからへん。絶対見つからへんで。せやから、『やりたいことが分からない』って言うてるやつの九九パーセントは『何もやっとれへん』やつなんや」

これは納得しました。

確かにやりたいことなんてやってみないと分からない。

僕は「何もやっとれへんやつ」でした。

最後に

ヒットしているだけあって中々いい本だと思った記憶があった「夢をかなえるゾウ」

久しぶりに読んでみてやっぱりいい本だと思いました。

(関西弁に謎の説得力を感じたのはなぜだろう)

この本は“自分を変えたいと思っている人”に是非読んで欲しい内容です。

続編も出てるみたいなので興味を持った方は是非。

最後にやらずに後悔している事がある人や行動することができなくて変わりたいと思っている人に向けてこの本で刺さった言葉を紹介します。

「今まで無理やったら、これからも無理や。

変えるならそれは『今』や。

『今』何か一歩踏み出さんと。

自分それ、やらんまま死んでいくで」

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました