マンガ

ジーク・イェーガーとは?王家の血を引く理由|壮絶な過去と目的について

マンガ

 

進撃の巨人の登場キャラクター「ジーク・イェーガー」についてまとめています。王家の血を引く理由や壮絶な過去、エレンやクサヴァーとの関係などについても掲載しています。

注意

この記事は最新話のネタバレを含んでいる可能性があります。アニメ派の方や、原作をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

ジーク・イェーガーとは?

獣の巨人を宿すマーレの戦士長

ジーク出典:進撃の巨人

ジーク・イェーガーは「獣の巨人」を宿すマーレの戦士長です。

自分の脊髄液をエルディア人に投与して巨人を生み出し自由自在に操る能力や投石を使った攻撃は絶大な威力を持ち、マーレ最強の矛となっています。

身長183cm
体重92kg
誕生日8月1日
出身地マーレ
所属エルディア復権派

王家の血を引くエレンの異母兄弟

ジークはグリシャがマーレにいた時の子供でエレンとは異母兄弟です。

母親のダイナ・フリッツは王家の末裔であるためジークも王家の血を引いています

真のエルディア復権派

ジーク出典:進撃の巨人

エルディア復権派の両親を密告することで自分と祖父母を守り、名誉マーレ人として「獣の巨人」を継承したジーク。

しかし、両親を密告した理由は両親たちの活動がバレていた為であり、その心の内はエルディア復権のチャンスを伺っていたのでした。

 

ジークの家族

グリシャ・イェーガー

グリシャ出典:進撃の巨人

ジークの父であり、エレンの父でもある人物です。エルディア復権派のリーダーだったグリシャはジークをマーレの戦士にしてエルディア復権派に力を与えようとしました。

最終的にジークに密告されて楽園送りになったグリシャは楽園でクルーガーに出会い、「進撃の巨人」を継承しています。

ダイナ・フリッツ

ダイナ出典:進撃の巨人

ジークの母であり、王家の血を引いている人物です。密告されたダイナは楽園送りになり巨人になってしまいます。

最後の言葉で「どんな姿になってもあなたを探し出すから」とグリシャに残し、実際に巨人となってシガンシナ区の家まで到達しました。

 

ジークと関係の深い人物

トム・クサヴァー

クサヴァー出典:進撃の巨人

マーレの戦士でジークの前の「獣の巨人」継承者です。

ジークが最も信用していた人物でもあり、ジークの投石能力はクサヴァーとのキャッチボールで磨かれたものです。

また、巨人科学の研究者でもあったクサヴァーはジークに巨人に関するの情報を教えていました。

エレン・イェーガー

エレン出典:進撃の巨人

ジークの腹違いの兄弟で「進撃の巨人」「始祖の巨人」「戦鎚の巨人」の継承者です。

ジークと接触することで始祖の力を発動。始祖を掌握して地ならしを発動させました。

 

ジークが宿す巨人

ジークが宿した巨人と前の継承者

巨人の名前前の継承者
獣の巨人トム・クサヴァー

獣の巨人

獣の巨人出典:進撃の巨人

全身が体毛に覆われた巨人です。

特有の能力は無いようですが、王家の血を引くジークが継承したことでジークの脊髄液で生み出した巨人を自由に操ることができます。

 

ジークのこれまで

幼少時代

父グリシャはジークをマーレの戦士にしてエルディア復権派の希望にするため厳しい教育を施します。そのためジークは幼い頃から遊ぶ暇もなく勉強と訓練の繰り返しの毎日でした。

ある日、ジークはエルディア復権派の集会がマーレ兵にバレたことを知ります。

ジークは自らと祖父母を救うために両親をマーレ兵に密告するのでした。

マーレの戦士長に

マーレの戦士として認められたジークはトム・クサヴァーから獣の巨人を継承。脊髄液によって巨人を操る力と投石能力でマーレ最強の矛となり戦士長を任されています

ウトガルド城

偵察として壁内に来たジークはウォールローゼ内のラカゴ村住人(コニーの母も含む)を巨人に変えてミケやゲルガーたちを死に追いやるのでした。

この時ミケから手に入れた立体起動装置はキヨミとの交渉で使っています。

シガンシナ区奪還作戦

シガンシナ区で待ち構えていたジークたちは調査兵団と激突。

新兵の特攻に隠れていたリヴァイ兵長に追い込まれますが、ピークによって救けられます。

その後はエレンに兄弟であることを伝え「お前を救い出してやるからな」と残してマーレに戻るのでした。

レベリオ区強襲

シガンシナ区奪還作戦から4年。ついにジークがマーレを裏切ります。

ジークと手を組んだエレンが調査兵団の命令を無視してマーレに侵入。始祖の巨人を失うわけにはいかない調査兵団もエレンに加勢してレベリオ区を強襲します。

ジークはリヴァイにやられた様に見せかけて飛行機に乗り込み、エレンたちと共にパラディ島へと向かうのでした。

地ならし発動

パラディ島に着いたジークはリヴァイ兵長監視のもと巨大樹の森で囚われます。

しかし、ジークは始祖の巨人の力を発動させるために隙を見てエレンのもとへ向かうのでした。

見張りのリヴァイ兵長に一度は敗れるも、捨て身の攻撃で重傷を負わせて進むジーク。攻めてきたマーレの攻撃もかわしエレンとの接触に成功します。

最終的にはエレンに始祖を掌握されてしまった為、始祖の巨人の体内に取り込まれていると思われます。

 

タイトルとURLをコピーしました